ハウスダスト・アレルギー対策からおすすめの空気清浄機、その具体的な選定ポイントとは。

ハウスダスト対策・家族のアレルギー対策で空気清浄機を選ぶ場合の、見逃せないポイント。


空気清浄機を選ぶときのポイントとして、何をもっとも重視しますか?


「空気の消臭性能の優秀さ」をアピールするメーカーは数多くありますが、使う立場にたつならそれは当然の話ですよね。

空気清浄機は基本的に、購入後の長い年月、部屋の片隅にデンと置いたまま「24時間ほったらし」で使うものです。

消臭・脱臭性能以外にも、見逃せない選び方のポイントがいくつも隠れていることに、お気づきでしょうか。


まずは消費電力、いわゆるコストパフォーマンスをチェックする必要がありますよね。

年間で見ると、機種によっては電気料金に結構な差がつきます。

5年間毎日のように動かすとしたら、トータルでみた電気料金の違いはバカになりませんよね。


もう一つの大事なランニングコストである「フィルターの交換の有無」も、要チェックです。

除塵効果をキープするという意味でフィルターは新しいほうが良いのでしょうが、何と言ってもこまめに取り替えるのが手間ですし、フィルター交換不要をうたう機種のほうがやっぱりウレシイですよね。


空気清浄機を使い続けていると、装置を部屋のあちこちに移動させることも増えてきます。

その時に大事になるのは、「静音性」と「装置の重量」です。

寝室に空気清浄機を置いたら、ファンの音が想像以上に大きくて眠れなかった…という苦情は、意外にも多いのです。


空気清浄機の「サイズの大きさ」は、内部の手入れをするときに問題となってきます。

空気清浄機はその内部にも汚れが付着するので、定期的なメンテナンスはどんな機種でも必要になります。


手入れのしやすさ」は、案外見落としがちなチェックポイントなんですよ。

結構な重さの機種となると、下にキャスターがついているならともかく、動かすのもおっくうなもの。

重量が軽いに越したことはありません


最近は加湿機能付きの「加湿空気清浄機」も増えていますが、加湿機能の部分に不満になったときには、空気清浄機と一体型のタイプだと取リ替えが難しくなります。

加湿器は加湿器で、家族のニーズに応じた性能の機種を、別に買うほうがよいでしょう。


加湿器の加湿方式も、気化式・ハイブリッド式・超音波式・湯沸し式と細かく分かれているので、家庭の状況によって、最適なものを選ぶようにしましょう。


機器のデザイン」も長い間使っていると、意外に気になってくるものです。

部屋の隅に置かれたまま四六時中目にするものですから、周囲のインテリアと調和していないと、なんとなくイライラしてきたりするものです。


性能・大きさ・お手入れのし易さなどをひと通りチェックした後は、「部屋のどこに置くとしっくりくるか?」「どんな色合いだとインテリアとしてしっくりくるのか?」についても、できるだけ具体的にイメージして選びたいものですね。


人間が1日にとる空気の量は約20キロにもなり、人体が外から摂取する全物質量において「室内の空気」は50%以上を占めているそうです。


私たちの生活時間の9割以上は「室内で」消費されているので、これはむしろ当然のことかもしれません。


いわゆる「ハウスダスト」には、畳やカーペットに潜むダニの死骸・タバコの臭いやホコリ・部屋を浮遊するカビの胞子・飼っているペットの抜け毛などの様々な種類があります。


特にダニの死骸には、掃除機で取れる小さじ1杯のホコリに平均500~2,000匹分もの数が存在するそうです。


アレルギー性の鼻炎・皮膚炎・結膜炎・ぜんそくなどは、まさにこの「ダニの死骸の微粉末」が主な原因となりますが、アレルギーを引き起こす原因物質「アレルゲン」はダニの死骸以外にも、たくさん潜んでいます。

春先には大量に飛び回るスギ花粉、寒い季節にはインフルエンザウィルスなども、待ち構えていますね。


私たちはまさに、日々「アレルゲン」に囲まれて生活しているのです。

同居しているお子さんや高齢の親など家族の健康を考えれば、もはやハウスダストや空気中のアレルゲンについて、とても無関心ではいられません。


今日のアレルギー・ハウスダスト対策にお悩みの家庭にとって、空気清浄機はもはや「生活上の必需品」といっても過言ではありません。

空気清浄機によって自分の住まいの「空気の質」を向上させ、家族の健康をよくするための環境を少しずつ整えていきませんか。

当サイトは以上の点も踏まえ、おすすめの空気清浄機をご紹介いたします。


イオンフロー50

  • 空気清浄機「イオンフロー 50」はマイナスイオンを1立方センチ内に55万個放出(JISB9929に準拠測定)します。

  • ファン未使用、運転音が5db以下の優れた静音性。子供が眠る寝室にも最適です。

  • 消費電力は「24時間使用で3.7円」と経済的。

  • 花粉やホコリ等の微粒子を、99.4%除去。呼吸器や目などへ健康被害をおよぼしかねないオゾンを発生させません。寒い冬にも、室温を下げる冷風を出しません。

  • 国際的に評価の高いデザイン賞を、数多く受賞。北欧の職人がひとつひとつ手づくりで作り出す絶妙なフォルムが、インテリアライトとして様々なシチュエーションにフィットします。

  • 消臭効果を完備、ペットの臭いやタバコの臭いが気になる方にもオススメです。

  • お手入れは洗面台でさっと洗い流すだけ。フィルタ交換のコストもかからず、経済的です。


イオニックプロターボ

  • イオニックプロターボ」は、フィルター交換不要のイオン式空気清浄機 。

  • ハウスダスト・アレルギーの方がいるご家庭や、赤ちゃん・小さな子供がいるご家庭にピッタリです。
    全米&世界25ヶ国で、440万台も売れています!

  • カビ・ダニ・花粉・ウィルスなどのハウスダストを、なんと99.9%除去!

  • ほこりと一緒にたばこやペットのニオイも除去する、納得の消臭力です。

  • 一般的な空気清浄機と異なり、フィルター交換がずっと不要で経済的。

  • 電気代も1日3.2円の省電力、一日中つけっぱなしでも1ヶ月たったの100円!

  • 操作もボタン1つでカンタン、お手入れは汚れたブレードを拭くだけ。

  • ファンを使っていないので、夜寝るときにつけていても、とても静か。

  • 今なら「円高還元キャンペーン」につき、1万円引きの19,800円(税込)!


Blueair(ブルーエア)

  • Blueair(ブルーエア)」は、北欧スウェーデン生まれの空気清浄機。

  • 米国家電製品協会(AHAM)が定める空気清浄機を選ぶための世界基準「CADR(クリーンエア供給率)」で、「花粉」「ホコリ」「タバコの煙」の全項目においてNo.1を獲得しました。

  • 日本では「除去率」ばかり注目されがちですが、世界基準では空気の「洗浄スピード」が重要。
    ブルーエアは独自の特許技術「HEPA Silent テクノロジー」で、この2つを両立しました。

  • 一般的な空気清浄機と比べて2.5倍のハイスピード洗浄。39畳の部屋の空気を、わずか12分で洗浄。

  • 特許技術「HEPA Silent テクノロジー」の中核は、独自開発した3層構造のフィルター。
    室内のごく細かなハウスダストも、99.97%以上除去します。

  • 約94%のユーザー様にご満足頂いているブルーエア。
    空気の質にこだわるホテル・医療機関・介護施設等でも、ご採用頂いています。
    「ブルーエア270E」は、雑誌MONOQLOが選ぶ「ベストバイ・オブ・ザ・イヤー2012」にも選ばれました。

  • 稼働しているのを忘れるほどの静音設計、白を基調とした清潔感のある北欧デザイン。
    耐久性に優れ、長期にわたってお使いいただけます。保証は3年間の長期保証。

  • 部屋の広さに応じて選べる12畳~39畳までの3モデルに加え、卓上や寝室に置ける小型のパーソナルモデルもご用意(フィルターの交換時期は6ヶ月ごとが目安となります)。


antibac2k マジックボール

  • “空気をデザインする”空気洗浄機、「antibac2K マジックボール」。

  • マジックボールのエレガントなデザイン&LEDライトと水の揺れが、インテリアとしてだけでなく、
    あなたの新しいライフスタイルを演出。

  • FrancfrancやPLAZAで、大人気販売中!

  • ウィルス除去率99.96%の実力。

  • お部屋の「除菌」「消臭」「香り」が、たった一台でできます。

  • 空気中に浮遊するウィルス・細菌・悪臭の元をカプセルに閉じ込めて消臭する、独自の「カプセル化技術」が特長。

  • 強いたばこのニオイも、およそ30分で快適な状態にもどります。

  • さまざまなシーン・空間を想定した香りのラインナップは、なんと26種類。日替わりで香りを楽しめます。
    1本で約1ヶ月使用できる、おトクな120mlボトル。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0
Copyright© 空気清浄機 アレルギー・ハウスダスト対策 おすすめ機種 All rights reserved.
Powered by MTOS